case03

ひろしさんの
ライフプラン

40代男性・既婚

妻、子ども2人(長女、次女)と一軒家に住む。
悩み:仕事は働き盛り、子供は育ち盛り。支出も増えていっているけどそこは妻がやりくりしてくれてなんとかなっている。ただ、最近自身の健康面がなんだか不安。

お悩み

漠然とした不安

5年前にマイホームを購入し、住宅ローンを返済しながら仕事に打ち込む日々。
長女はバレエ教室に通い、次女は妻の希望でピアノを習い始めた。道具代や衣装代などお金がかかるようになってきたけど、そんな娘たちをパパは応援しているぞ。
そんな中、なんと同期が健康診断で病気が発覚し、入院・休職することに。まだまだ健康な歳だと思っていたが、今自分にもしものことがあったら家族はどうなるのだろう・・・

北九州銀行との接点・出会い

休日家族と近くの商業施設を歩いていたら、北九州銀行主催のライフプランイベントに遭遇。「ライフプランを考えるとき、自分の健康面を考慮して考えたことがありますか?」と声をかけられた。
「考えたことがなかったけど、考えないといけないよな…」と妻に打ち明けると、「じゃあ北九州銀行に話を聞きに行ってみる?」と言ってくれた。
休日や、平日15時以降も相談できる店舗があるらしい。仕事終わりに妻と2人で近くの北九州銀行へ行ってみることにした。

北九州銀行からのご提案

お子さまの教育費用や住宅費用がかさむ時期に世帯主様にもしものことが起きてしまったら、ご本人様もご家族の方もとても不安ですよね。
人生における経済的なリスクを洗い出して、ひろし様の場合はどんな備えがあれば安心か、シミュレーションを作成しながら考えていきましょう。

万が一のことが起こった時、ご家族の生活を守るなら

病気やケガの治療に備えたいなら

前へ一歩踏み出す

もしものことが起こったとき、自分や家族にどんなお金が必要になるのかが分かり、なんだかすっきり。
公的な制度についても説明してもらえて、安心感も高まった。シミュレーションですでに備えられているところも確認でき、不足部分として働けない状態になったときの備えを妻と話し合うことに。
普段は忙しくて考えたことがなかったけど、自分のことや家族のことをしっかり考えることができて良かったな。そうはいっても健康が一番だから、通勤をバスから自転車に変えてみよう。